2017年5月2日までのデータは3rdSeason、2013年11月までのデータは2ndSeasonに置いてあります。

2017年10月19日木曜日

第688回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者については、「「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/688/688shiryou7.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/688/688shiryou8.pdf

図書審査

ムーグコミックス ピーチシリーズ 監禁された優等生姉妹

発行元:有限会社トライアングル・フォース
Amazon:
614kT8-O7aL._SX350_BO1,204,203,200_

条例施行規則第15条第1項第一号(旧基準)

  • ストーリー性や性描写等を含め、旧基準の視点で見ても本作品の内容は指定やむ なし。
  • 全体的に性描写が多く、擬音や体液描写も目立つ。人格否定的な箇所もあり、指 定やむなし。
  • 性描写が露骨で、また多数描かれており、人格否定にあたる描写もある。成年向 けとして刊行されるべき。指定該当
  • 性交シーンが中心の構成。修整は大きめに施され、擬音や体液の描写も特段激し くはないが、強姦や器具の使用といった人格否定的な性交が描かれている。指定該 当
  • 性器部分はしっかり修整されており、擬音や体液描写も多くない。しかし、妹は 高校生であり描き方も幼く感じる。妹を守る姉の心につけ込んで性行為に及んだ り、2人を監禁して性行為に及んだりする設定が人格否定的な描写と思われる。道 具も使用している。指定該当
  • 教師が生徒を強姦し服従させるという設定そのものが青少年にとって不適切。さ らに新たな教師が性行為の仲間に入るのは、教師はすべてそのような人間だと言っ ているに等しい。生徒は未成年であり、描き方が高校生という設定よりさらに幼く 見える。指定該当
  • 高校生である設定や、強姦や監禁を中心とするストーリー展開など、許容範囲を 超えている。指定該当
  • 体液や擬音の表現はあるものの、局部の修整は施されており、絵としての卑わい 感は感じない。しかし、強姦や動画撮影による脅迫などの人格否定の描写があり、 青少年に悪影響を与える。指定該当
  • 絵や内容はソフトだが、レイプや監禁、器具の使用、先生と生徒という設定、人 格否定的な表現など、青少年には不向きである要素が多い。指定該当
  • 性行為の描写がリアルで卑わい感が強い。人格否定もある。指定該当
  • 性器部分は修整されているが、白抜きによって形状が分かる。また擬音や体液の 描写が多く、卑わい感を与える。指定該当
  • 性器等は白抜きにしており、卑わいな感じを与えていないとは思うものの、性交 等が多い。保留
  • 性的行為を露骨に描写し又は表現している箇所がある。しかしながら、新基準の 該当箇所の印象が強く、旧基準の適用については不要とも感じる。保留

赤-指定やむなし:11  緑-保留:2  青-指定非該当:0
■■■■■■■■■■■ ■■

条例施行規則第15条第2項第一号(新基準)

  • 強制わいせつや強制性交等、閲覧する青少年の当該行為に対する抵抗感を著しく 減ずる危険性が無いと言い切れない。指定該当
  • 監禁からの強制性交や性奴隷等の作風やストーリー性は昔からある定番の手法と 思われるが、明らかに施行規則第15条第2項第一号に抵触する内容と描写と感じ る。指定該当
  • 妹に対する教師の行為は「暴力・脅迫」要件にはあたらないものの、妹は高校生 なので「淫行」には当たる。姉への行為は、妹を守ろうとするところにつけ込んで 「妹がどうなってもいいのか」と言っているので「脅迫」に当たると思う。それら の行為等がストーリーをとおして是認されているとまでは言えないかもしれない が、姉妹とも男性との最初の性行為から感じてしまうというシーンが気になる。レ イプの悲愴感に欠ける部分等もあり、青少年の抵抗感を減ずる可能性がある。指定 該当
  • ストーリーの終わり方がそれまでの行為等を女性が受け入れたようになってお り、15条第2項に抵触すると思われる。指定該当
  • 強制わいせつを社会的に是認されるものであるかのように描写されていることは 明らかである。指定該当
  • 強制わいせつとして刑法に触れる違反行為が数回にわたり反復して表現されてい る。作者はこういった行為を当然なもので、法的に罰せられるわけでもなく社会的 に是認されているもののように表現している。指定該当
  • 表現されている行為等が是認されるものではない。指定該当
  • 犯されている行為に快感を覚えているような表現がある。指定該当
  • 強姦の被害に遭った女性が、自ら再度求めてしまうシーンは当該行為を是認して いるような印象を受ける。指定該当
  • 施行規則第15条第1項の範囲による指定で十分であり、15条第2項による指 定まで必要かと感じる。しかし、これまでにも似た内容の図書があり、15条第1 項で指定したように記憶している。保留
  • 著しく不当に賛美し又は誇張するように描写していない。また、社会的に是認さ れているものであるかのように描写していない。指定非該当
  • 当該図書が強制性交等を「社会的に是認されているものであるかのように描写」 しているようには読めなかった。女性が強姦後すぐに快楽を覚え、犯人に性交を求 めるようになったわけではなく、「女の子の『イヤイヤ』は『気持ちいい』と同じ だ」という誤った考えを青少年に刷り込むものではない。女性の正常な判断能力を 失わせ性的に服従させたその経緯は卑劣な行為として描写されており、「社会的に 積極的に認められているもの、望ましいもの」と青少年が認識するとは考えられな い。指定非該当

赤-指定やむなし:9  緑-保留:1  青-指定非該当:2
■■■■■■■■■ ■■

今月の1冊目は久しぶりに新基準と旧基準両方で諮問された男性向け漫画。
中身的には全編大部分が旧基準で、その中の「監禁された優等生姉妹Episode 1」「監禁された優等生姉妹Episode 3」が新基準となってます。
意見では主にヒロイン姉妹を強制猥褻したりレイプしたりする内容がそれらの行為を是認するということで成年向けにすべきという感じにまとまってます。

drap COMICS DX No.025 幼なじみ2人に性的に口説かれてます

発行元:株式会社コアマガジン
Amazon:
51ZmMjeHh3L
  • 男性同士のマニアックな内容であるが、性器の修整が甘く、体液や擬音描写も 多いため、卑わい感を否めない。指定該当
  • 男性器の修整が不十分で、擬音や体液描写も著しく、成年向けとして刊行され るべきものと考える。指定該当
  • 性交シーン以外にもページが割かれており、心理が丁寧に描写されている。し かし、修整が甘く男性器がほぼそのまま描かれている。擬音や体液の描写は控え めだが、器具の挿入や性器のアップが目立つ。指定該当
  • 全体的にストーリーがあり、毎ページに性描写があるというわけではないが、 性器の描写が甘く消していないも同然の印象を受ける。体液もはっきり描いてお り、後半は量も多く大きく描いている。指定該当
  • 性器や性交描写において、修整されるべき所の修整が不十分である。指定該当
  • 調教に近いシーンはあるが、人格を否定する表現とまでは言えない。しかし、 局部の修整がされていない。指定該当
  • 卑わい感は少なく感じるが、性描写において男性器がリアルすぎる箇所があ る。体液や擬音が必要以上に多い。指定該当
  • 修整が甘く性器部分がリアルで、擬音や体液の表現も多くある。指定該当
  • 性器の修整が甘く、擬音や体液の描写が多く卑わい感を与える。指定該当
  • 暴力的な描写とまでは言えず、ストーリー性もある。表現が過激に見えるもの の、よく見ないと何が描かれているのか判らない。ただし、性器の修整が甘い点 は問題かと感じる。保留
  • 男性の性器の修整が甘いのは気になるが、卑わいな感じを与えておらず、また 人格を否定していない。指定非該当
  • 性交描写における局部や結合部分の修整が甘く、リアルでハードな印象は受け るものの、ボーイズラブ作品の商品特性やストーリー性を鑑みれば、指定までに は至らないと判断。指定非該当
  • 性交シーンは多いものの、局部の修整もあえて三本線で描くなど感情を抑える 描写で内容がコミカルに描かれており卑わい感がない。指定非該当

赤-指定やむなし:9  緑-保留:1  青-指定非該当:3
■■■■■■■■■ ■■■

2冊目はBL。
赤意見では性器描写や擬音・体液描写が気になる模様。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

第698回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ この資料で出てくる「意見」というのは 審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているもの です。 これらは審議会の開催前に前もって開かれる 自主規制団体からの意見聴取 によって出席者から出され...

人気の投稿