2017年5月2日までのデータは3rdSeason、2013年11月までのデータは2ndSeasonに置いてあります。

2018年9月27日木曜日

第699回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者については、「「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/699/shiryou7.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/699/shiryou8.pdf

図書審査

SPコミックス 本当にあった たまらない話

発行元:株式会社リイド社
index
  • 修整はされているものの、性描写が多く指定やむなし。
  • 擬音や体液の描写が多く、絵も上手なためリアルに感じる。ストーリーにも人格否 定的なものがあり、青少年に対し問題があるように思える。指定やむなし。
  • 短編集でストーリー性もあるが、性交シーンが多く卑わい感が強い。指定該当やむ なし。
  • 性器に白抜きは施されているが、形状が分かる描き方。陰毛や体液描写もリアルで 多い。全般的にリアル感を重視した印象を受ける。一部のストーリーで暴力的な表現 もあり、区分陳列の対象とせざるを得ないと考える。指定該当
  • 性描写の多くは露骨になりすぎないように構図などが工夫されているが、ラストは 決まって局部アップの挿入シーンとなっており、露骨になってしまっており、全体と しての卑わい感も高めてしまっている。指定やむなし。
  • 擬音、体液描写は控えめ。絵が上手で陰毛の描写もリアル。開脚させて女性器を強 調する構図も卑わいな感じを与えており、性的行為を露骨に描写していると言える。 性器、肛門の白抜きの修整が小さめで卑わい。指定該当
  • 劇画のペンタッチで描く体験談ものという古いジャンルのため、青少年にとって卑 わい感はないように思う。ただし、一部の作品では立場を利用した性行為の強制が描 かれており、青少年にふさわしくない。指定やむなし。
  • リアルな性物語が、青少年にもこういった行為ができるんだと思わせるような内容 となっており、指定やむなし。
  • 昔ながらのエロ漫画の作風といった印象。ストーリー性や性交描写も特別に卑わい に感じるものではなく、一定の修整も認められる。ただ、ソフトな表紙、タイトルと 本編内容にギャップがあり、青少年が購入しやすいコーナーでの販売はいかがなもの かと思い判断に迷う。保留
  • タイトルの「本当にあった~」というように、日常的にありうる場面を描いた短編 集。一話が短くストーリー性もあまり感じられない。絵もやわらかく卑わい感、人格 否定もあまり感じられない。毎回性交で終わるという点が気になるが、指定非該当
  • 白抜き修整はなされており、体液や擬音はあるが露骨ではなく、それほど卑わいに は感じない。指定非該当
  • 短編集で普通のエロ本。描写も特別過激ではなく、陰毛は描かれているが雑で、局 部は一応消されている。特に暴力的な所も卑わいに感じる所もなく話が終わる。指定 非該当
  • 擬音、体液などは抑え目で派手ではない。性器も白く修整されていて、形状がわか らないようになっている。男性器を口へ入れる場面や複数による乱交シーンがあり、 ややリアルではあるが、短編集のためあっさりとした印象。絵が上手いため一定の刺 激はあるが、青少年に与える影響が大きいとは思えない。指定非該当
  • 一話ごとに性的なシーンがあるためやや分量は多いが、話の流れの中での必然性が あり、消しもしっかりしている。実録ものであり、目くじらをたてるほどのものか疑 問。指定非該当
  • 絵が上手なので生々しさを感じるが、それは魅力の一つと考える。アンソロジーの ため、性行為が多いように思えるが、キャラ同士で無理やりしているようには感じな かった。消しは甘いところもあるが、指定するほどではないと思う。指定非該当
  • 社会通念上、強姦等にあたる人格否定の表現があるものの、物語上結論として美化 しているとは言えない。陰毛等は描かれているが、性器そのものは形状不明となる処 理がされている。指定非該当
  • 性器は白抜き修整がされており、コミカル的な内容が卑わいさを抑えている。指定 非該当

赤-指定やむなし:8  緑-保留:1  青-指定非該当:8
■■■■■■■■ ■■■■■■■■

もはや不健全図書常連の感もある八月薫の短編集。

内容の詳細はアキバBlogに譲るとして……
八月薫 本当にあったたまらない話 「生々しい体験談を結集した“現実”のエロス!」
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51569932.html

意見の内容としては見事に真っ二つ。

Charles Comics メスイキ×強制BL

発行元:株式会社メディアソフト
Amazon:
index2
  • 修整が甘いところがあり、性描写も多く、指定やむなし。
  • 擬音や体液の描写が多く、性行為も露骨なため、指定該当
  • 全編にわたって性的描写が多く、擬音や体液が描かれた場面も多くあり、卑わいに感 じる。性器も白抜きになっているが形状が分かるものが多い。指定該当
  • 性描写がリアルで露骨。性器の形は修整されているが形状がはっきりわかり、擬音、 体液描写も多用されている。学生同士の話も気になる。指定該当
  • 全編にわたって性描写が多い。作品によっては体液の描写や修整が甘い箇所も多く卑 わいに感じる。指定該当
  • 性器の白抜き修整は施されているが、ほぼ形状が分かりリアル。タイトルに「強制」 とある通り、強制的な表現が多い。体液描写もリアル感は欠けるが、多い印象。指定該 当
  • 複数の作家による短編集のため、作品ごとに描写が異なるが、男性器の形状がはっき りわかるなど、修整が不十分な部分がある。擬音、体液の描写も作品によっては激し く、露骨で卑わいな印象を与える。タイトルから連想するほどの人格否定の要素はない が、指定該当
  • 絵柄の修整が不足しており、性器そのものが露出している表現がある。人格否定、強 姦を美化する面も見受けられる。指定やむなし
  • マニアックなジャンルではあるものの、体液描写、擬音の描写も多く、性行為も露 骨。卑わい感があると言わざるをえない。指定該当
  • 小学生くらいの子供は見ないと思うが、中学生以上は興味本位で見るかもしれない。 指定該当
  • タイトルのインパクトの割に、ストーリー性や設定で特に暴力性や人格否定がある印 象は薄い。しかし作品によっては性交シーンの描写において性器、局部の修整が甘い箇 所が目立ち、これが卑わい感につながる。擬音、体液描写も多く露骨。ただ、これも一 部の作品に関してである。保留
  • 一部性器の消し方に甘さが見える所と、高校生の兄弟とおぼしき二人の話は引っかか る所ではあるが、大人の女性受けのためではないのかとも思う。絵の雑な所も多く、人 格否定と思われる所も特には無い。指定非該当
  • オムニバスで性器や性的行為の描き方は作品によってまちまちではあるが、多くは工 夫されており卑わい感は高くない。一作品のみ対象となる可能性があるが、それを理由 に該当とするのは他の作品の工夫に対して失礼であるばかりか、どの表現が問題となる か不明なまま該当図書にすることになり、表現の萎縮につながる恐れがある。指定非該 当
  • 短編集なので作品によって違いもあるが全体的に擬音、体液とも派手なものが多い。 性器も形が分かるように描いているものが多いが、どの作品も細い線で輪郭をとった単 純なもの。性器の挿入部分もあまり描かれていない。性器はオモチャのような印象で卑 わいに感じない。タイトルに「強制」とあるがさほど強制的な展開もない。指定非該当
  • 画角で隠している部分は多いが、形がわかる所もある。アンソロジーのため各作家の力量に差があり、また分量も多くなる。消しが甘いところがあり、縛りもある。カバーなどのイメージから性的感情をあおる要素は強いが、内容は拍子抜け。指定非該当
  • アンソロジーなので性行為が多いように思えるが、お互いが望んでいるように見え る。修整も少し甘いところがあるが、指定するほどまでとは思えない。指定非該当
  • 性器は白抜き修整がされている。短編集であり、強く卑わいさを感じさせるものでは ない。指定非該当

赤-指定やむなし:10  緑-保留:1  青-指定非該当:6
■■■■■■■■■■ ■■■■■■

2冊目はBLアンソロジー

基本的に修整の大きさが中心の議論。アンソロということで、1話分が不健全対象とみなされた場合、他の作品まで巻き添えを食うのはどうか、という点と小学生は読まないだろうけど中学生なら読むかもしれないという点が気になる。


2018年9月13日木曜日

第696回 東京都青少年健全育成審議会 議事録を読む

第696回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む
https://ccf-square4th.blogspot.com/2018/06/696.html

第696回東京都青少年健全育成審議会 議事録
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/696/696gijiroku.pdf

図書審査

○ A 委員 まず、1誌目の方、修整は今までに比べるとされているかなとは思えるんですが、性描写が多く、指定やむなしかなと思っております。
2誌目に関しては、こちら逆ですね、性器の修整が あま りにもちょっと甘くて、これは指定該当でお願いしたいです。
以上です。

○ C 委員 私も両方とも指定やむなし だと思います。2誌とも修整はまあまあされていて 、性器がそのまま写るような 部分は ないんですけども、 卑わい感が強く表現の自由というのを考えて難しい部分もあると思いますけども、青少年が容易に見られる場所に置かれるというのは、やはりこれは難しい部分があるかなと思いました。

○古郷委員 2誌とも指定で お願いしたと思います。1誌目は、性器を修整さ れている。2誌目は甘くて、両方 とも 違いはあれど、やはり体液だとか 性的描写が大変多うこら2誌とも指定をして区分陳列お願いた思ます。

○ 鈴木委員 2 誌 とも擬音、 体液描写また性交シーンが多くいわゆる卑わい感が強いので2誌とも指定が適当だというふうに考えます。
以上です。

○ D 委員 1誌目は 、皆さんもおっしゃるように擬音と体液の描写が非常に多くて 、 卑わい感 があると いうことと、 多人数での性交シーン が ございますので指定ということでよろしいと思います。
また、2 誌 目は、大変修 整 が薄い ので 、指定該当でいいと思います。

○ I 委 員 両 方 と も 指 定 該 当 で お 願 い し ま す 。 1 誌 目 は 、 性 行 為 の 分 量 が 多 い で す し 、 露 骨 な構 図 に よ っ て 卑 わ い な 感 じ を 与 え る し 、 擬 音 、 体 液 の 描 写 も 多 く 、 こ れ に 尽 き る と 思 い ま す 。
2 誌 目 の ほ う は 、 や は り 体 液 描 写 と か 性 交 シ ー ン が 多 い の で 露 骨 さ を 感 じ ま す 。 意 見 聴 取の 下 の ほ う に 書 いてあるんですけども 、 BL の 読者はほとん ど女性であ ると書いて ありま して 、 女 性 た ち が こ の 本 を 読 ん だ こ と で 成 長 を 阻 害 さ れ る と は 思 え な い と い う ふ う に 書 い て ある ん で す け ど も 、 や は り 青 少 年 も 見 る と 思 い ま す の で 、 性 へ の 影 響 と い う の は す ご く あ る と思 い ま す 。 そ れ で 、 指 定 で お 願 い し た い と 思 い ま す

青少年がBL読むかなぁ。まぁ可能性で言うならなんとでも言えるけど。

○ H 委員 大変悩んでおりますが、1誌目は指定非該当じゃないか な と思ってます。これを見たから著しくというふうには私は受け取らなかったです。もちろんこれを読んだ から健全という 問題ではな いですけど。
2誌目は、該当ということで、 やっぱり ちょっと表現が露骨過ぎるということで該当というふうな形でよろしくお願いします。
○会長 1誌目は、やはり修整がしっかりなされているからということでございますか。
○ H 委員 そうですね、はい。

お、珍しく指定非該当に1票。

○ J 委員 私は、2誌とも指定該当でいいと思います。自主規制団体の方は、 1冊目は非該当が9人ということで、指定該当よりも多い方が非該当にされて ますが 、私は、中身的には 教師と教え子の性交とか器具を使う描写などが 、ちょっと気に なり 指定該当にさせていただきました。
2誌目 も非該当 の方 がい つ もと比べ て結構多 いですよね 。 5 人 と保留 が 1 人と い う ことで。でも、やっぱり擬音、体液描写、卑わい感というのが拭えないので指定ということでお願いします。

○ 森山委員 2誌とも指定していただいて 区分陳列すべきものと思っています。1誌目は、やっぱり性交シーンが多くて、ちょっと卑わい感が強いんではないかなというふうに思います。
2誌目のほうは、やっぱり修整が甘いというふうに思います。
以上です。

○ E 委員 私も2誌とも指定該当でお願いします。今、 J 委員がおっしゃったよ うに、今までと同じ くらいに 表現が露骨だなと思うのに、何でこんなに 自主規制団体の皆様の 指定該当が少ないんだろうというのが今回ちょっと私も不思議だなと思いました。
2誌目も聴き取り結果には 「性的なシーンの 分量は 多いが、ばかばかしく見え、性の生活がそれほど いや らしい感じがしない 」 と書いてありますが、やはり男性器や挿入描写がリアルであるということで指定該当でお願いします。

○ G 委員 私も2誌とも 該当でいいと思うんですけれども、私が悩んだのは2 誌目のほうでして、修整がもう少ししっかりされていれば、こちらのほうは非該当だったんじゃないかなというふうに個人的には思ったところがありました。
以上です。

○副島委員 私も2誌とも区分陳列でと考えて い ました。1誌目のほうは、性交シーンの分量が非常に多いし、先生と生徒の話ということもあります。また、非常に露骨なシーンが多いので該当だ と思います。
2誌目のほうは 、 形状が はっきり わかるというシーンが 多く、 そういうこともありますので、指定で お願いいたします。
以上です

○ K 委員 1誌目の 『淑女たちの都市伝説』 は 「打合せ会」では 非該当というのが該当よりも多いんですね。そ の 理由というの は 、性器や性交渉の場面を大胆に修整していて 、できればわからないようにしようとする 作者、 編集の 意図があるというのは、これは間違いないと思うんですね。 しかし、 こ の作品を青少年が見ることによって不健全で有害なと いいますか、そういうふうな性的な気持ち を 醸成されるのか と なりますと、1作目の教師と生徒の 話とか性具がでてくるところが 引っかかります 。 性具に関しては この後半お読みになって 分かると思いますが 、これは趣味の問題で別に人格否定されている わけじゃないんです。 しかし 、やっぱり教師と生徒とか、性具を使うというところがどうしても 問題があるんじゃないかということで、私もこれは該当、区分陳列でお願いしたいと思います。
次に 2作目は、ご覧になったらわかります けど 、今までの BL ものとちょっと違うなという感じ は されているん じゃないかなと思うんですね。この 作品の中で は 、 暴力を使って強引に相手を犯すようなシーンというの はほとんどないんです 。 人格否定の部分は 、ほとんどなくて、どちらかというとソフトで、ストーリーも何かやわらかくて、あんまり抵抗感なく読めるんです 。 ただ、男性器の修整の部分が、 体毛がちょっと出たり していて 、性器も修整はされているんですけど 、 そのかたち がわかるんですね。ですから、こういうところの修整とか、擬音の部分とかというのが、やっぱり目に つき ます 。 私も迷うんですけども、これもやはり区分陳列の対象なのかと言われたら、やっぱり区分陳列 と 考えます。ですから、編集者も 作家も努力していると 思うんですけども、 2誌と も 、区分陳列でお願いしたいと思います。
以上です。

○会長代理 2冊とも性的行為の 描写が露骨と思いますので、成人向けとして売っていただきたいと思います。

○会長 ありがとうございました。
私も2誌とも区分陳列でお願いしたいと思います。1誌目は、自主規制団体の聞き取り結果で指定非該当の 方のほうが多い のですが、 これは K 委員からご説明があったように、 性器や 性交シーン がわからないように 大胆に 修整をされ ていることによると思います。しかし 、指定す べきという自主規制団体の方の中のご意見にもあるように、修整はされている ものの、体液や擬音や性交描写のシーンが多く、表現が露骨で、 扇情的で卑わい感が強いものだと私は思いました。
それから、 2誌目 につきま しては 、確か に G 委員 もおっ しゃ い ました ように 、人格否定的な要素が少ない作品ではありましたが、今度は逆に性器の形状がわかったり擬音、体 液描写が多く卑わい感が強いということで指定すべきと思うところでございます 。

(○ 会長 )では、まとめさせていただいます。
1誌目につきましては、1名、非該当という委員がおられました が、 残りの方々は皆様、指定該当というご意見でございました ので 、 指定すべきということで答申をさせていただき
ます。よろしゅうございますでしょうか。
(「はい」の声あり )
○ 会長 2誌目につきましては、委員の方皆様全員一致で区分陳列をすべき図書ということでございました。そのように答申をさせていただきたいと思います。よろしゅうございますでしょうか。
(「はい」の声あり )

非該当に1票入ったものの、審議会は過半数で決まるので2冊とも指定で終了です……


2018年9月10日月曜日

B!P!O!B!P!O!のコーナー ~BPO 2018年08月分の意見を読む~

2018年8月に視聴者から寄せられた意見
https://www.bpo.gr.jp/?p=9605&meta_key=2018

猥褻編

深夜のバラエティー番組で、子どもが踊っている隣に股間に24枚のシートを重ねた上にコーヒーカップを載せた裸の芸人が出てきて、シートを1枚ずつ取って行き、最後はコーヒーカップだけで股間を隠し得意そうにしていた。深夜とはいえ子どもが踊っている隣でこのような芸をさせるのはいかがなものか。

あの人かなw まぁそういう芸風なので、しょうがない。

海外で制作・放送されたドッキリ映像を扱ったバラエティー番組について、小学生の子どもと見ていた。下ネタとお色気の内容が多すぎて不快な気持ちになった。19時台に放送するには性的映像が多用されていた。できれば子どもに見せたくなかった。

それはひどい。どの番組だ(見る気満々w)

各局の番組で「強制性交」という言葉が繰り返されることに抵抗を感じる。青少年が見ているテレビで"強制"という言葉がついているとはいえ、"性交"と連呼している。他の表現を考えて実施してほしい。

だって法律で決まってるんだもん。
仮に「強姦」でも連呼されたら同じこと思うんでしょ?

アニメ・特撮編

日曜の朝に娘が楽しみにしている少女アニメがある。その日はアニメ番組を潰し、直前の情報番組を拡大して高校野球の内容を放送していた。
アニメ番組を潰してまでやる必要はあるのだろうか。番組を楽しみにしている子どもたちの気持ちを考えてほしい。

この時期になるとニチアサ組はナーバスになりますな。

深夜のアニメに苦情が入り過ぎている。深夜アニメは子どもが間違って見ないように深夜に放送しているのであって、それに対して"子どもが見たらどうするのか"という意見を述べるのはおかしい。子どもが深夜アニメの時間帯に起きているのであれば、それは子どもを寝かさない親の責任であって、番組に責任があるのではない。

今は録画が簡単にできるので、そうも言ってられなかったりする。
放送局やアニメ製作の現場としては面倒な世の中ですな。


注目の投稿

第702回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ この資料で出てくる「意見」というのは 審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているもの です。 これらは審議会の開催前に前もって開かれる 自主規制団体からの意見聴取 によって出席者から出され...

人気の投稿