2017年5月2日までのデータは3rdSeason、2013年11月までのデータは2ndSeasonに置いてあります。

2017年11月29日水曜日

第689回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者については、「「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/689/689shiryou7.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/689/689shiryou8.pdf

図書審査

ジュネットコミックス322 ピアスシリーズ504 オトナあそび

発行元:サン・メディアレップ株式会社
2017-09-30_2467
  • 修整はされているものの甘い箇所があり、性描写もあるため指定やむなし。
  • 性器部分は修整されているが、修整が甘く男性器と分かるものが多く卑わい。 また擬音や体液の描写が多く卑わい感を与える。指定該当
  • 全編にわたり性的描写が多く、擬音や体液描写も多用されており、指定やむな し。
  • 過激な性描写が多く、ストーリー性が消えてしまう程である。これまで何度か 指定を受けてきた出版社による発行だが、指定を受けての修整等の工夫のあとは 見られるが、健全性の観点からは指定やむなし。
  • 設定が「子供」、おそらく高校生と思えるが、絵柄からも「子供」だと分かり 青少年が手に取る可能性がある。これを見て青少年が何か影響を受けるとは考え にくいが、局部の修整が甘く、区分陳列した方がよいかと感じる。指定該当
  • 性器を白抜きすることによって、かえって性的行為の描写が直接的なものに なっており、強い卑わい感を演出している。指定該当
  • 性器、体液、擬音について、始めは控えめだがだんだんと描き方が大胆になっ ている。性器の修整が甘く露骨で、体液の描き方は卑わい感がある。指を挿入す るシーンが修整されておらず露骨。登場人物の設定は高校生だが絵柄からもっと 幼く見え、青少年読者が自分たちに卑近なドラマとして捉えやすく、影響が強い ように感じる。指定該当
  • 結合部や男性器を強調しないよう、構図に工夫はみられるが、男性器の白抜き の修整は形状が分かるものとなっている。短編集としてはストーリー性があり、 性交シーン中心の作品とは言えない印象だが、後半になるにつれ露骨な描写が増 えていく。指定該当
  • とりわけ後半において性器描写の修整が甘く、成年向けとして販売されるべ き。指定該当
  • 擬音や体液が多く性描写がリアルで卑わい。修整が施されているものの男性器 の形状が分かる。絵柄やカバーデザインが、青少年にとって手に取りやすい感じ がする。また内容は高校生よりも若い少年2人が性行為しているように見える。 指定該当
  • 最初の性描写はソフトに描かれているが、読み進めると性描写の多さが目立 つ。しかし最後まで1対1の性的行為を描いており、強制的な性描写はあまり見 当たらない。ただし、性描写のモデルが高校生という設定なのが気になる。保留
  • 性器部分は修整されているものの、白抜きで形状がわかる。体液や擬音の表現 も多い。ただ、全体の描き方やタッチから現実味がない。保留
  • 全編にわたって性的描写が多く、擬音や体液の描写もあるしかし、性器の修 整はしっかりなされており、人格を否定するような表現はないと感じる。指定非 該当
  • 性交描写において体液や擬音が若干目立つ印象は持つものの性器や結合部分 については全編をとおして一定の修整が認められ、ストーリー性含め性的感情を 強く刺激する作品とは言えず、許容範囲と判断。指定非該当

赤-指定やむなし:10  緑-保留:2  青-指定非該当:2
■■■■■■■■■■ ■■ ■■

今月はBLが2冊ということでこれが1冊目。

基本的に擬音・体液描写や青少年がまぐわってるシーンがポイントになっている模様。

「成年向け」にすべき、という意見もあるんだけど、現状BLに「成年向け」が存在しないことを読み合わせの参加者は知っているのかいないのか

BAMBOO COMICS [Qpa collection] それでも俺のものになる Qpa edition1

発行元:株式会社竹書房
9784801960862-m
  • 修整はされているものの甘い箇所があり、性描写もあるため指定やむなし
  • 修整が甘く、性器部分が男性器と分かる。また、擬音や体液の多さから卑わい 感を与える。指定該当
  • 性器の修整が甘く、性交場面も数多く描写され、卑わい感が強い。指定該当
  • 性器の描写においては露骨となりすぎないような修整を行う等一定の工夫がな されているが、性的行為の表現においては体液描写や擬音表現、器具の使用等 で、露骨な表現が若干ではあるが複数個所あり、卑わい感を強めている。指定該 当
  • 男性器の修整が甘く、器具の使用もある。結合部や男性器を強調した描き方が 多く、擬音や体液描写も多いため、卑わい感がある。指定該当
  • BL作品だからという訳ではなく、肛門性交、口腔性交の描写において修整が不 十分であり、成年向けとして販売されるべき。指定該当
  • 性描写のシーンが全編大部分にあたるかは微妙だと思うが、露骨な性描写で卑 わいな感じを受ける。修整が甘く、そのため卑わいさを増しているように感じ る。指定該当
  • ストーリー性のある作品で、性描写はあるものの内容が1対1であまり卑わい さは感じられない。保留
  • これまで何度か指定を受けてきた出版社による発行だが、指定を受けての修整 等の工夫のあとがみられる。性描写の部分で話が淀むものの、ストーリーがあり 指定該当までには至らないと感じる。指定非該当
  • 擬音や体液の描写があり、リアリティは残っているものの性器の修整は施され ている。ストーリー性があり、人格を否定する表現はみられなかった。指定非該 当
  • 一部修整の甘い箇所はあるが、全編をとおして描かれているという程でもな く、ストーリー性もあり、指定該当とまではいかないと感じる。指定非該当
  • 道具の使用シーンや性器の形が分かる修整となっている描写はあるものの、性 描写のシーンは全編というほどにはない印象で、擬音や体液も多くない。人物の 描き方や絵柄から卑わい感もあまりない。指定非該当
  • 性交及び性器描写で修整の甘い箇所が一部見受けられる。擬音や体液描写が多 いことでよりリアルで卑わいな感じを増している点は気になるものの、許容範囲 と判断。指定非該当
  • 性描写が全編をとおして多い印象がない。体液や擬音の表現はあるものの局部 の修整がなされている。指定非該当

赤-指定やむなし:7  緑-保留:1  青-指定非該当:6
■■■■■■■ ■■■■■■

BL2冊目。

体液・擬音描写で評価が分かれているほか、指定非該当側は「ストーリー性」の有無がポイントになっている模様。

上と同じく「成年向け」にすべきという意見もあるのだけれど(以下略


2017年11月17日金曜日

第687回 東京都青少年健全育成審議会 議事録を読む

第687回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む
http://ccf-square4th.blogspot.jp/2017/09/687.html

第687回東京都青少年健全育成審議会 議事録
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/687/687gijiroku.pdf

傍聴人

○青少年課長 それでは、事務局から本日の傍聴人の数につきまして、ご報告いたします。本日の傍聴人は6名ございます。皆さん、よろしければ傍聴人に入場いただきたい と思います

増えてますなぁ

図書審査

実際の審査に入る前に……

○ B 委員 今、挙げられた自主規制団体からの聴き取り結果でして、非該当に入っております、この内容的にも広く一般の青少年の性的感情を刺激するものではないというのは、具体的にどういう理由で、この方はこれをおっしゃられたかという文脈はわかりますか。
○青少年課長 自主規制の打合せ会に出席された方の発言です ので、この背景までを探るのは非常に難しいのでございますが、今回内容が男性と男性というようなことも含めてですね、広く青少年がこの本を見たときに性的感情を刺激されるものではないという のが、この方からのご意見です 。
○B 委員 過去にボーイズラブというのを扱ったものというのは、そういう理由で指定から外されているという 事例はあるんですか。
○青少年課長 過去、この 自主規制団体の方々の中から、このボーイズラブと言われるもの一般に、といいますと、男性と男性が 交わっているようなものに つきましては、青少年はこれは手にとら ないんじゃないかというご意見が含まれるケースは、よくございました。本審議会におきましては、その方々のご意見に拘束される必要はございませんが 、 参考にしていただき 、皆さんのご意見でご判断いただければと思っております。
○B 委員 わかりました。ありがとうございます。
○会長 今まで、当審議会でボーイズラブを扱ったものが指定になったことはございますか。
○青少年課長 ボーイズラブを扱ったものも、これまで数多くございます

またまた会長、知ってるくせにww

そして実読……

○B 委員 全編を通して、非常に性行描写が多く、短編集という性質もあると思うんですけれども、先ほ どおっしゃいましたボーイズラブかどうかという 指向の 問題に かかわらず、非常に全編を通して、その描写が多いというところから不健全な図書類の指定第8条1 項の著しく性的感情を刺激という部分のうち 、指定図書類の基準の 規則第 15 条の1 項、こちらのほうに 当てはまるものだというふうに考えております。加えてですね、内容の中に器具であったり薬品、薬物を使っ た もの、また大人数の性行為の描写があるというところから、人格否定にもつながると考えておりまして、第 15 条1 項の 人格を否定する性的行為を連想させる、このような表記がありますけれ ども、こちらに相当するものと考えますので、私 としては、こちら指定はやむなしということをお伝えさせていただきたいと思います。

○会長 ありがとうございます。H 委員。
○H 委員 私も指定でお願いします。この聴き取り内容にもありますように、全編が本当に大人の男性と、ちょっと中学生ぐらいかなというような子供とのそういう関係というのは、大変やっぱり青少年には見せたくないなと思いました 。指定でお願いします。

○会長 ありがとうございました。I 委員、いかがでしょうか 。
○I 委員 BLの中では、大人が子供をというのは、余りなかったように思うんですけれども、中では万引きをしたことを脅迫して、暴力的に人格否定のことをやって、性描写がすごく多くあります。大人の男性が子供と性行為をするような場面がすごく多いものですから、やっぱり青少年には刺激的過ぎだと思います。悪影響も及ぼしますし、指定やむなしと思います。

○会長 ありがとうございました。D 委員、いかがでしょうか。
○D 委員 よろしくお願いします。 聴き取り結果のほうで、内容的には問題ないとか 、作家の力量は確かに理解できるところはあります。ただ、 性描写の絵がしつこく長い、確かに手にとって普通に買える本としては適当とは、ちょっと判断できないというのが正直なところでございます。
○会長 指定やむなしということで、よろしゅうございますか。
○D 委員 はい。

おい会長ww

○会長 ありがとうございました。森山委員、お願いします。
○森山委員 描写が修整されている部分もありますけど、結構リアルな表現 が残っていて、や
っぱり卑わい感が強いかなと。それから、やっぱり 暴力的なというか 、強制的な部分が非常にあって、人格否定につながっている部分も多いというふうに思います。区分陳列すべきだというふうに思います。

○会長 ありがとうございます。 では、E 委員。
○E 委員 私も、こういう本を何十年ぶりかにちょっと読ませていただき 、結構刺激が強いなというふうに、ちょっと感じました。やっぱり こうした 世界が、今ちょっと世の中に蔓延してきているんでしょうね。そういうこともありまして、やはり規制やむな しというところだと思います。

○会長 ありがとうございます。 では、F 委員お願いします。
○F 委員 同人誌に掲載されたものを 単行本にしたの ですね、描きお ろしも2作ほどありますけども、 一番後ろを ごらんに なったらわかりますけども、 2011 年から 書か れたものとか、いろんな ものが、1冊にまとめたものなんです。 やっぱり今、皆さんおっしゃったような意味では、薬を用いたり集団暴行の描写ですね。大人の男性が青少年の男性を無理やり強姦するという、刑法改正になって、肛門性交とか、 あるいは 口腔性交なんかでも性行為という形では、やは り罰せられる 条文になっておるんですけども、今回のこういう形でのコミックにするのであれば、 先ほど、どなたかおっしゃったような意味でいいますと、成人指定マークをつけてですね、やはり 青少年には買えないようにするのが基本でしょう。同人誌で 書いているものを単行本として市販するかどうかとなると、これは一つの課題だと思いますので、これから業界の中ではですね、こういうものをまとめて出版する場合に、どう考えるべきなのか、 もう一度見直して、ちゃんと成人マークをつけて、 成人しか買えないという ふうにすべきだと考えます

○会長 古郷委員。
○古郷委員 やはり性器等の修整が甘いのと、擬音だとか体液の描写が出ておりますので 、性的行為は露骨に描写していると言わざるを得ないと 思います。 卑わいな感じはかなり出ているということからですね。あと暴行と強制的な性交シーンなど人格否定の部分もありますので、指定でお願いしたいと思います。

肛門性交や口腔性交が強姦(強制性交等罪)になるご時世、BLにもある意味の転機が来たのかもしれない

ところで、今回新しく入った新参枠(議員枠4人+その他2人)の委員って誰かな。
B委員、D委員、E委員はそれっぽいなと思うんだけど

都民からの通報申出

○青少年課長 8月に寄せられました、都民の皆さんからの申出というのがございます。毎月あるの でございますが、今月はメールによるものが2件、郵送によるものが1件の計3件ございました。
メールによるもののうちの2件のうちの1件は、2種類の図書類について、残虐な描写であっ たりとか、性的な描写があることから不健全図書として指定してほしいという内容でござ い ま した 。早 速 、調 査 、購 入 いた し まし て内 容 を 確認 いた し まし た が、 条 例施 行規 則 15条に定める不健全図書類のこれまでの基準には該当しないと判断いたしたものでございます
また、郵送によるものの1件につきましては、性的な描写があるので不健全図書類として指定してほしいという内容のものでございました。同封されていた図書類を確認いたしました。条例の施行規則 第 15 条に定める不健全図 書類の基準には該当しないと判断いたしたところでございます。

と、最初の2通はよくある感じだったのですが……

また、先ほどメールのよるものの残り1件につきましては、指定した不健全図書類の答申について反対だと、過去の指定した不健全図書類の指定の答申について反対だという内容のものでございました。5月 19 日付で、著しく性的感情を刺激し、青少年の健全な成長を阻害する おそれ があるものとして、審議会を通して指定していただきました、おっぱい男子という本がございました。これにつきまして、東京都が不健全図書として指定することにより、青少年がこの作品に触れて感動したり、心が救われたりする機会を奪ってしまう。答申には反対だといった ご意見でございました。

おやおや
「おっぱい男子」については
第683回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む
http://ccf-square4th.blogspot.jp/2017/05/683.html
参照

当該図書類につきましては、まず審議会前の自主規制団体の聴き取り結果において、その当時、指定やむなしと答えられた自主規制団体の方は7名いたような案件でございます。その主な内容は、性器部分が修整されているが、男性器とわかるものが多く卑わいだと、擬音や体液描写も多く、性行為が露骨だといった意味で指定該当といわれた自主規制団体の方がいらっしゃいました。また、その案件につきまして保留と答えらえた自主規制団体の方は2
名いらっしゃる案件でございました。
また、反対だと、指定非該当だとおっしゃられ た方は5名いた案件でございまして、その主な内容は、擬音、体液等の描写はあるが、性器部分も上手に修整されていると、人格否定の描写もなく、コミカルに描かれており許容範囲だと、指定非該当だということでございました。
また、その審議会では、その聴き取り結果の意見を添えて、5月 15 日開催の健全審議会に諮問されたところでございますが、同審議会におきましても出席委員の全員の方々から指定やむなしだというご意見をいただき、不健全図書に指定したという経緯がございます。 この答申を受けまして、5月 17 日に指定の決定を行った、ま た5月 19 日に指定の告示を行ったというような流れのものでございます。
以上のと おり、指定に関しましては審議会の答申を受け、決定してございますので、 ご意見として受理させていただきましたということでございます。都民の申出につきましては、以上でございます。

審議会で決まったことなので覆せないよ。ご意見としては受け取っておくよ、ということで。

○会長 ありがとうございました。どうぞ。
○A 委員 今の都民の 申し出3件あっ た中で、3件とも、この言ってきた人にはお返事をされているんですか 。聞きっ放しじゃないです よ ね。
○青少年課長 この3件につきましては、メールの送り主、郵送の送り主から返答を求めるものではなかったので、返答はしておりません 。
○A 委員 きょうの審議会の議事録を見て、ああそうだったんだなと、分かる、と いう事務当局のご理解ですか 。
○青少年課長 はい

このA委員も新参枠だろうな。


2017年11月8日水曜日

B!P!O!B!P!O!のコーナー ~BPO 2017年10月分の意見を読む~

2017年10月に視聴者から寄せられた意見
https://www.bpo.gr.jp/?p=9278

アニメ・特撮編

アニメ番組で、知らない家に侵入して、家族を次々に殺すというシーンがあった。見ていて残酷で不快だった。深夜の時間帯といえども、録画などで子どもたちが見てしまうと悪影響を及ぼすのではないかと心配だ。

「いぬやしき」の第2話

ある日の夕方、学校帰りの獅子神は軽い足取りで適当な民家に立ち入ると、そこに住む住人一家を機械の力で容赦なく皆殺しにする。獅子神の凶行を察知した犬屋敷は急いで民家へと向かう...。

の部分が該当か。

選挙報道編

選挙報道について、各局とも野党を擁護する内容が目立ち、与党を批判して政権を陥落させようとも思える報道が目立っている。あきらかな偏向報道ではないのか。公示日が近づくにつれ、有権者の判断を惑わせるような報道は、放送法に違反しているのではないか。ネット情報のほうがテレビよりまともなのではと感じる。選挙を平等な戦いにするために、きちんとした報道をしてもらいたい。

衆院選はすでに始まったのも同然だ。その報道で、都知事周辺の情報量が他と比べて突出して多い。本人が「衆院選には出馬しない」と明言しているのに、「出馬あり」の憶測が飛び交い、出てくる話題すべてが都知事関連のものだ。彼女の言動は派手なので、テレビ向きということもあるのだろう。しかし、政権を決める選挙報道で最も大切なのは、テレビ映えするパフォーマンスではなく、各政党の政策を確実に伝えることだ。今のところ、他の政党は全く影の薄い存在になっている。このような異常な選挙報道は初めてだ。

一斉に開票速報をやっていたが、全局でやる必要があるのか。あまり必要がない気がする。最近の選挙特番は、バラエティー番組のようで政治家をあおりすぎ。視聴率のためなのか。それならL字型で当選数だけを流し、通常放送に戻したほうがいい。深夜までやるなどテレビ局の自己満足だ。視聴者から受信料を取っている放送局だけがやればいい。台風が来ていたのに、その情報は伝えないのか。これでは誰も興味を持たない媒体になるのは確実だ。

大型台風が来ているのにもかかわらず、各局とも選挙特番をメインに放送していた。近所のお年寄りは、台風状況がどうなっているのかわからず、困って私に電話してきた。選挙特番の画面下にテロップで無言の台風情報を流してもお年寄りには分からない。大きな被害が想定される台風が直撃する状況下で、命にかかわることではない選挙特番をメインにするべきではない。ネットを使えないお年寄りなど、早めの非難が必要な人達のためにも、台風情報をメインにし、選挙情報をテロップで流すべきだったのではないか。報道のあり方をよく考えるべきだ。

大型の台風21号が接近し、大和川が危険水位に達し、人口密集地の大阪市などで、老人ホームが多い川沿いの地区に避難勧告が出ている状況にも関わらず、どの局もほとんど報道しなかった。大阪市のHPもアクセス殺到でつながりにくく、避難所等の情報を得ることができなかった。川が氾濫した場合、大規模な被害が予想される状況だ。国政は大事だろうが、関西地方だけでも災害情報を流せなかったのか。避難すべきかどうか、小さい子どももいて大変心配な一夜を過ごした。今後、このようなことがないようにしてほしい。

各局の選挙特番の内容がひどいものだった。選挙前、テレビ各局は「今回の選挙は現政権の是非を問うもの」と連日のように言っていた。しかし結果が出た途端「これは民意ではない、必ずしも国民に容認されたわけではない」という解説を連発していた。次期総裁選の話題をどの局も出していたが、タイミング的に必要性が感じられず疑問だった。各局の解説者、タレント、アナウンサーの多くが、民意の反映である選挙結果を否定するような分析やコメントばかりで、有権者を馬鹿にしているとしか思えなかった。

報道編

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯の番組は、再現映像が古い映像に見えるように加工処理されていた。そのため、当時の映像なのか、再現映像なのか区別がつけにくかった。事件をリアルタイムで知る私ならともかく、それを知らない若い世代の人達にとっては、どちらが当時の映像か、それとも演出なのか、判断がつかなかったのではないだろうか。

東京・埼玉連続幼女誘拐殺人犯の再現企画は、素晴らしい番組だった。豪華な出演タレントや、煩わしい字幕などの派手な演出に頼らなくても、自然と画面に引き込まれた。綿密な取材に基づく再現VTRも丁寧な作りで良かった。事件を風化させないためにも、このような番組を定期的に放送するべきだ。

最近、いじめで自殺した子どものニュースを多く目にする。教育委員会や先生の意見、今後の教育方針をまとめているという特集を何度も放送しているが、肝心の原因、自殺に追い込んだ同級生本人やその保護者が何を考えているかが、全く分からず、ニュースを見ているだけで不快だし、当の本人は全く反省していないのだと怒りがこみ上げる。いじめた側が擁護されるような放送の仕方は変えてほしい。

ニュース番組で、保育園児にわいせつな行為をした容疑で男が逮捕されたことを、「幼児の身体を触る、なめる等の行為をした」と報じていた。「なめる」までを伝える必要があるのか。その子どもの将来を思うと心配だ。

バラエティ編

バラエティー番組で、アマゾンの部族を訪ねる企画で、サルを殺して食べていた。子どもが怖くて泣いている。人間の形をした動物を食べるシーンを放送するなんて信じられない。

その他編

「深夜番組は子ども向けではない」「夜遅くまで子どもにテレビを見せるな」という意見が寄せられるが、僕はそう思わない。深夜番組は録画すれば昼間に見ることもできる。今はゴールデンより深夜のほうが良質な番組が少なくない。夜更かしは良くないことはわかるが、青少年にも深夜番組を見る権利はある。なんでもかんでも青少年の自由を奪ったら余計いじめや非行が起きるだけだ。

そうそうこれだけが言いたい。


注目の投稿

第702回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ この資料で出てくる「意見」というのは 審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているもの です。 これらは審議会の開催前に前もって開かれる 自主規制団体からの意見聴取 によって出席者から出され...

人気の投稿