2017年5月2日までのデータは3rdSeason、2013年11月までのデータは2ndSeasonに置いてあります。

2019年6月19日水曜日

第708回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む


電子書籍、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者、人数については、「条例に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/708/708shiryou7.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/708/708shiryou8.pdf

図書審査

DAITO COMICS BLシリーズ 愛欲ラッキーホール

発行元:株式会社秋水社
  • マニアックな内容な上、大部分の性器は修整されているため卑わい感は少ない。ただし、 終盤に収録された作品について、拘束具や器具の使用があり、また性器の修整が甘い。描 写が卑わいと言えなくもない。総合的に判断し、指定やむなし。
  • 男性器、肛門、結合部分には大きめの修整が施されている。構図にも工夫が見られる。人 格を否定する性的行為を連想させる描写はない。後半は器具の使用や擬音、体液描写が激 しくなるなど、少々露骨で卑わいな感じを与えている。最終話はページ数こそ少ないもの の、他に比べて男性器の修整が甘くなっている。指定やむなし。
  • 前半の漫画は、性器の修整が施されており、配慮しようとの意図を感じられる。絵柄に関 しても卑わい感は乏しい。しかし、後半の漫画とおまけ漫画を含めると性交描写、性器描 写の分量が過多の印象が強く、指定やむなし。
  • 全編とまでは言わないがほぼ全裸での性交シーンが多く、擬音もほぼ全編にわたっていて 不快。乱暴なストーリーではないものの、青少年の手に届くところに置ける類の本ではな いと感じる。指定やむなし。
  • 全体としては修整はしているものの、一部修整が甘いところもあり、性描写もある。指定 やむなし。
  • 性交の描写が多すぎる。擬音や体液の描写も多い。性器は白抜きで消してあるが、形状が わかる。指定該当
  • 人格を否定する部分は見受けられない。修整については概ね施されているが、下着を通し てではあるが、形状が分かる部分がある。体液描写について若干気になる箇所が見受けら れるが、風俗業界における話の設定となっており、それがそのまま青少年に影響を与える かは疑問。保留
  • 絵がかわいく描かれており、ユーモラスな展開で、マンガっぽいと感じた。裸体に近い絡 み、手や口、肛門での性的行為など、いろいろなパターンがあるが、人格否定や卑わい感 はあまりない。パンツ越しの性器があり、性交時の体や顔の表情も多すぎる。しかし、青 少年が手に取るとは思えない。保留
  • BL物ですごくリアル。前半部分は下着の上からだが、後半部分は性器が白抜きでしっか り消してある。擬音などは少しあるが、性器は直接的に描いておらず、この程度では青少 年にそれほど悪影響はないような気がする。指定非該当
  • 絵はキレイで卑わい感は感じなかった。売買春を否定せず描いているが、それだけでは指 定図書にあたるとは言えない。暴力、薬物の使用による性交など人格否定を賛美している ところも見られない。また、性器の消しは最後の数ページを除き、しっかりなされており 「全編大部分」とは言えない。指定非該当
  • 舞台設定が風俗店で、性的サービスのシーンが多く見受けられるが、直接的な絡みが多い 訳ではなく、下着着用や背後からのカットなど工夫はうかがえる。絵のタッチ、表情もや わらかく、コミカルで卑わい感は感じない。終盤で絡みのシーンが目立ち、体液描写が多 くなったのは気になったが、全編大部分とまでの認識はない。指定非該当
  • 前半は修整などに工夫がある。後半は性的シーンが多く、体液描写、消しが甘い部分、形 がわかるものが数ページあり、画角の工夫もなく、ストレートな描写が多い。ただし、何 が描いてあるか判然としないため卑わい感は少なく、全編大部分というほどの量でもな い。指定非該当
  • 性器についてはよく修整され、形状がわからないように配慮されている。擬音、体液もあ るが派手ではない。描き方が淡泊で粘り気がなく、全体的にコミカルで、卑わいに見えな い。後半は器具の使用もあり、他の話とくらべて過激ではあるが、人格否定とはいえな い。これまでの指定図書と比べても過激度、卑わい度が低い。指定非該当
  • 確かに性交している場面がほとんどであり、擬音、体液も多いが、同じ様な場面ばかり。 吹き出しとセリフが多く、絵が隠れて何が描かれているのか良く判らない。性器の形も判 るがほぼ白抜きになっている。暴力的な描写などもなく、内容は平凡。指定非該当
  • 絵柄はコミカルなタッチで卑わい感はない。性器の修整もされていて許容範囲である。指 定非該当

赤-指定やむなし:6  緑-保留:2  青-指定非該当:7
■■■■■■ ■■ ■■■■■■■

今月も指定されたのはBLです。
ですが、これまでのものと違って擁護の意見が多いです。特に後半のページの露出を「全編大部分」と称するのはいかがなものかという意見散見されますね。人格否定もあまりない、という評価みたいでちょっと原本が読んでみたい(読まないと思うけど)と思った意見でした。

都民からの通報申出

都民からの申出一覧・5月分
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/708/708shiryou13.pdf

1 メールによる申し出(9 件)
○ 不健全図書類の指定について(9 件)

メール攻勢終わってないのかなぁ……



電子書籍、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic

2019年5月21日火曜日

第707回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む


電子書籍、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者については、「条例に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/707/707shiryou10.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/707/707shiryou11.pdf

図書審査

BAMBOO COMICS REIJIN uno! ノンケ童貞の俺がビッチ上司に食われた話

発行元:株式会社竹書房
  • 性器の修整はされてはいるが、若干形がわかる。また体液の描写も若干卑わいに感じ た。性行為部分もある。指定該当
  • 修整が甘く、性描写もあり、指定やむなし。
  • ストーリー的には人格否定や暴力的なものではないように感じる。ただ、性器部分は修 整されているものの、男性器とわかるものが多く、擬音や体液の描写も多い。青少年健 全育成の観点から指定やむなし。
  • ストーリーもあり、ユーモラスな部分もあるが手を拘束したり、器具を用いての過激 な描写が多く、青少年の健全な育成上不適切と思える。性器の修整等工夫のあとも見え るものの指定やむなし。
  • 男性器の修整はされていると思うが、見続けるとはっきりイメージしてしまう。また、 性器の表現が多く見られる。全裸での性交も多く擬音、体液描写も激しいため、卑わい 感が強すぎる。指定該当
  • 性器の修整に関しては、ラフな部分が多く、修整していない部分も多い。性交描写も性 器もメインにするコマが多く、それに伴う体液も多く感じさせる。指定該当
  • 性器は始めはよく消してある印象だが、読み進めるうちに細かな形状が判別できるよう になってくる。睾丸の修整が甘い。肛門も描いており、挿入シーンは露骨。体液を粘着 質に描いており卑わい感がある。一部器具の使用、殴ったり催眠術をかけての性行為の 強要は人格否定的要素もある。指定やむなし。
  • 男性器の修整が甘く、擬音、体液の描写が多いため卑わいな感じを与えている。催眠術 をかけての性交描写について、許されない行為であると作中で記されている。そこから 恋愛に発展する心理描写もあり、人格否定と捉えるか迷ったが、催眠状態での性交描写 が必要以上に多く、このような性交シーンを描くための設定であると判断した。指定該 当
  • 催眠術を使用しての性行為が直接人格否定にあたるかは微妙な所であり、運用は慎重で あるべきと考える。しかし、修整が甘い部分が散見され、精液や結合部分をメインとし て描かれていること、器具の使用や強制的な性交類似行為が描かれていることから、指 定やむなし。
  • タイトルの作品はストーリー展開も上手で心の移り変わりや駆け引きなど恋愛漫画とし て読みやすい。しかし、男性器の修整が青年レベルでは粗すぎ、特に睾丸部分の修整が 甘すぎる。2話目の作品は修整の甘さがより強調されている。指定やむなし。
  • 全編を通して性交シーンとそれ以外シーンの差が大きく、却って性交シーンが目立つ。 また性交シーンがほぼ全裸で精液、体液まみれのため卑わい感が増している。睾丸部分 がはっきり書かれている部分もあり、しっかり修整されているとは言い難い。指定該当
  • 絵柄はきれいで卑わい感はない。ストーリーもどちらかといえばヒューマンで一部暴力 描写はあるものの人格否定とはいえない。しかし修整が甘く、性器の形状があからさま となっている。指定該当
  • マニアックなBLジャンルではあるものの、性器の修整度が甘く、体液描写や結合部分 をアップにした構図など、露骨な描写が多い。卑わい感を否めず、成人向きである。指 定該当
  • 一部拘束しての場面もあるが、ほぼ暴力も強制も無い。一応ストーリーらしきものもあ るが、性器の消しが甘く形状がわかり、擬音、体液が飛び交っている。しかし卑わい感 を感じる事も無く、表現が過激とも思えない。一応区分して陳列した方が良いかもと言 う程度。保留
  • 全体的に描写の激しい箇所も多くあるが、内容的にはそこまで卑わいには感じない。一 話一話の終盤にオチがあり、読み終えると不快感もなくなってしまう。指定非該当
  • 性器に修整は加えられているものの形状が分かる箇所が見受けられる。陰毛や体液を描 写した箇所が多い印象はあるが、逆にゴチャゴチャしていてわかりづらい印象。冒頭に 若干強制的な感じのするシーンが描かれているが、人格を否定するというものには該当 しないと思われる。設定を含め全体的にリアリティは感じられない。指定非該当
  • 性器部分の修整は一定の配慮があるものの、一部形状がわかる部分があり卑わい感を出 している。全編にわたり全裸、半裸の性交も多いものの、許容範囲である。指定非該当

赤-指定やむなし:13  緑-保留:1  青-指定非該当:3
■■■■■■■■■■■■■ ■■■

はい、今月もBLしか指定されてません。

ポイントになっているのは「催眠術の使用」と「男性器(特に睾丸)の修整」のようです。ストーリー的には評価する意見もあったりします。
マニアックなBLジャンルという話もありますが、やっぱり一般では売れないでしょうな。


都民からの通報申出

都民からの申出一覧・4月分
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/707/707shiryou16.pdf

1 メールによる申し出(9 件)
○ 不健全図書類の指定について(9 件)

一時期に比べると相当おとなしくなったなぁ。
このままフェードアウトしてくれるといいが……

【おまけ】「出版業界自主規制団体との打合せ会」の人数が公表されました

条例に係る事務施行経過
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/707/707shiryou1.pdf

の一番下に書かれている「出版業界自主規制団体との打合せ会」に参加したメンバーの人数が表記されるようになりました。エディタの都合で画像が出せないので各自でPDFを見てください。


電子書籍、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic

2019年5月10日金曜日

B!P!O!B!P!O!のコーナー ~BPO 2019年04月分の意見を読む~

2019年4月に視聴者から寄せられた意見
https://www.bpo.gr.jp/?p=9896

報道編

テレビ局は、なぜこうも横並びの報道をするのか。新元号決定の時もそうだったが、今日は、麻薬で逮捕されたタレントの釈放の瞬間をとらえようと、民放各局が警察署前で待ち構えている。どのチャンネルに替えてもそれしかやっていない。チャンネル数はあっても選択肢が無いわけで、実につまらない。今更ながら、各局で、情報番組の放送時間帯を分散させるなどの調整をすることはできないものだろうか。

麻薬で逮捕されたタレントの報道について、芸名や「○○容疑者」とする番組が多い。ひどい番組になると「〇〇さん」である。法の裁きが終わらないうちに、「彼はいい役者だ」や「作品に罪はない」などといった報じ方をするのは、特別扱いしているように感じる。

じゃあ何と呼べばいいんだろう……

東京・池袋の高齢者男性による交通事故について、その報道の仕方に、通常の交通事故の報道とは違う印象を受けた。ほとんどの局が「〇〇元院長」と伝え、なかには「〇〇さん」としていた番組もあった。そもそも、事故と過去の勤務先とは何の因果関係もないのに、「元院長」の肩書きが必要か疑問に思う。事件・事故を起こした人が、その社会的な地位によって扱われ方が変わり、それが黙認されるのであれば、報道の姿勢に大きな疑問を持たざるを得ない。

バラエティ・情報番組編

衝撃的な映像を紹介するバラエティー番組で、監視カメラやドライブレコーダーで撮られた事故映像を多数流していたが、何のためなのか。映像を見ながらタレントが騒ぎ立てたりしていて、他人の事故映像でスリルを楽しむかのような内容に嫌悪感を覚えた。ただの事故映像を見せつけるなんて悪趣味。家族で見る時間帯のテレビの役割ではないと感じた。

血液型別に人の性格や特徴を取り上げたバラエティー番組は、偏見を強めようという意図しか感じられない番組だった。なぜここまで気軽に偏見を強めるような番組を作るのか。子どもたちの血液型についての偏見が助長されないような配慮が感じられなかった。

まだ血液型番組なんてやってるんだ……

最近の医療情報番組は、子どもたちが見る時間帯でも手術シーンをそのまま放送している。以前は臓器が見える手術シーンなどは、ぼかして放送していたと思うが、そのまま放送するのは子どもたちや高齢者には刺激が強すぎるのではないか。以前のようにぼかして放送してほしい。

自分はしばらくそういう番組を見ていないが、見たことある限りではそのまま放送していた気がする。気がするだけ。

スポーツ編

プロ野球中継で、ボールカウントをコールする順番は、昔の「S(ストライク)・B(ボール)・O(アウト)」から、「B・S・O」の大リーグ方式に変わった。WBCなど国際試合の機会が増えたこともあり、国際的な標準に合わせたのだ。ところが広島のテレビ局の野球解説者は、いまだに「S・B・O」のままだ。実況アナウンサーは正しい順で言い、そのそばから解説者が「ツー・スリー」などとありえないカウントを言う。視聴者に正しく分かりやすく伝えるのが解説者の役目なのに、頑なに旧方式を守るのは問題だ。局に何度も苦情を入れているが、真摯に受け止める様子がない。

さすがにそれは古い。
BPO以前に世に問うてみる必要があるんじゃないだろうか……


電子書籍、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic

2019年5月8日水曜日

第706回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者については、「条例に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/706/706shiryou7.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/706/706shiryou8.pdf

図書審査

ウォー!コミックス87 ピアスシリーズ549 性の劇薬

発行元:株式会社コンポジラ
  • マニアックな内容であり、性器も修整されている。絵柄が淡白で卑わい感は少な い。しかし拘束された裸体のシーンが多く青少年への悪影響を否めない。指定該 当
  • 絵柄はきれいで卑わい感は少ない。扇情的なスタートだが、結末はヒューマンな 物語であり人格否定とまでは言えない。しかしカバーに薬物カプセルが描かれ薬 物性交に無頓着と言わざるを得ない。性器の消しも形状のアウトラインを残す不 十分さがあり、青少年に対する配慮に欠けている。指定やむなし
  • 前半は器具が多く登場するものの、後半は恋愛ヒューマンドラマとなっていく。 物語上性交シーンが必要なのは理解できるが、男性器の消し方が青年レベルでは 甘い気がする。また、男性器の登場シーンも青年レベルでは多すぎると感じた。 指定やむなし。
  • 男性器の消し方が輪郭あり形状がわかるものとなっている。拘束監禁や器具の使 用もある。ストーリー上性交シーンが必要であることはわかるが、配慮不足は否 めない。成人マークをつけてうるのがよいのではないか。指定該当
  • 男性器の輪郭が露骨であり、卑わいな感じを与えている。前半部分の拘束具使 用、肛門への器具挿入等、人格を否定する性的行為を連想させる。物語を描くた めに必要な性描写かというと疑問。性行為を描くための口実となっている。指定 該当
  • 生の実感を与えるために性行為を行うという物語自体は、性交シーンを描く理由 として説得力のあるものではあるが、男性器の表現や器具等から、描写が行き過 ぎており青少年に読ませるには不適だと判断する。指定該当
  • ストーリー性も心理描写もあり、内容としては悪くないと思えるかもしれない が、最初から器具を使って拘束した上で一方的に人格否定といえる行為がされて いる。表現の仕方も性器が白抜きで逆に卑猥に感じる。結末を過激な性描写の口 実にしていると感じられる。指定該当
  • 修整は加えられているが、白抜きでほぼ形状がわかるものとなっている。体液描 写も多く、結合部の表現もリアル。調教、監禁拘束を前面に出した描写が多く、 ストーリー性も感じられない。指定やむなし。
  • 目がさめたら拘束されており、自由がまったくなく、器具も多数使用され、恐怖 だけの世界が広がる。人格否定そのものである。男性器の形がはっきりわかる部 分もある。青少年が手に取るとは思わないが、人格否定が強すぎる。指定該当
  • 器具を使い、また身体を拘束し、監禁するなど、反社会的な印象が強い。指定該 当
  • 器具の使用もあり人格否定につながる。性器は白抜きしてあるが形状がわかり、 性交場面も多く卑わいな感じを与える。指定該当
  • 性器部分は、細かい描写ではないものの、はっきりわかる。また、内容が拘束・ 監禁を想起させるものが続いていた。性的な描写を抜きにしても、人格否定もあ り、健全な判断能力の育成などの点で青少年には不向きと思う。指定該当
  • 性器の修整をしっかりしている部分が多く、ストーリー性もある。器具を使うこ と、人格否定的な部分は含まれてはいるものの許容範囲。ただし、性器の形状が わかるシーンのコマ数が必要以上に多いため、問題ないとまではいえない。保留
  • 前半は性描写が多い。修整は白抜きだが、男性器の形ははっきりわかり、卑わい な印象を受ける。しかし、人格否定的な内容があるとは思えない。指定非該当
  • 前半において拷問による肌露出・プレイなど内容がハードなシーンが目立つが、 性器の消しは許容範囲である。後半はよくある性交シーンが続く。絡みも適度に 角度をつけて隠しており、局部の消しも施されている。全編大部分とは言い難 い。指定非該当
  • 一部描写の激しい場面もあるが、全体的にストーリー性もあり、内容もそこまで 卑わいには感じない。人格否定をするような内容でもない。指定非該当

赤-指定やむなし:12  緑-保留:1  青-指定非該当:3
■■■■■■■■■■■■ ■■■

今月はBL1冊。
2019年になってからBLしか指定されていない異常事態が続いています。

内容的に評価されている部分もあるにせよ、やはり青少年が読むには刺激が強すぎるというのが全体的な意見である模様。
意見の中によく出てくる「人格否定」って、どんなことをしてるのか興味がありますね(読んでない)

都民からの通報申出

都民からの申出一覧・3月分
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/706/706shiryou11.pdf

1 電話による申出(4 件)
○ 不健全図書類の指定について(4 件)
2 メールによる申し出(12 件)
○ 不健全図書類の指定について(12 件)

メール攻勢がだんだんと弱くなっている感じ。
電話での申出4件ってなんだろうね。



電子書籍、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic

2019年4月11日木曜日

第703回 東京都青少年健全育成審議会 議事録を読む

第703回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む
https://ccf-square4th.blogspot.com/2019/01/703.html

第703回東京都青少年健全育成審議会 議事録
http://www.tomin-anzen.metro.tokyo.jp/jakunenshien/singi/kenzensin/gijishiryou/703/703gijiroku.pdf

図書審査

○ E 委員 1冊目の『 はごろもさんっ、抱かせてください !』、 これはもう本当に該当箇所も 全編大部分となります。男性器はそのままだし、修整していないし、擬音、体液の描写も多いし、性行為が多く、ストーリー性は全くないし、青少年には本当に見せたくない本だと思います。指定該当でお願いします。 しかも 去年、1回指定されて おりますし ね。
それ から、2冊目の 『 理解不能クソ キューティ 』 ですか、性器はぼかして修整が甘いところ が あります し 、シーンがやっぱり多いし、学校内の行為でありますし、青少年には本当に見せたくない本だと思います。指定該当でお願いします。
2冊とも 指定該当で よろしくお願いいたします。

○ C 委員 私も 両方とも指定やむなしだと思います。
1のほうは、やはりここに指摘されているように、 ほとんど性器の修整がされていないというところと、性行為のシーンが非常に多いというところと、2のほうは、ここにあるように、何か 修整については独自な方法というか、修整方法で処理し ていると。消し方については工夫されているとは思いますけれども、やはり、性行為の場面が非常に多いということで、やはり、これも青少年が手に取れるような状況では販売するのは難しいと思います。
以上です。

○古郷委員 2誌とも全編にわたって性的描写が大変多いということと、消し方の違いはあれど 、修整が非常に甘いということで、2誌とも指定該当でお願いしたいと思います。

○森山委員 2誌とも絵の修整等が不十分だというふうに思います。やはり、ちょっと卑わい感が強いかなと考えますので、2誌とも区分陳列していただきたいというように考えます。

○ F 委員 2誌とも指定やむなしということでお願いいたします。修整が甘いというような段階ではなく、描写がとてもリアルで、とても甘さが 際立って いますので、 ぜひ 2誌ともお願いいたします

○ H 委員 2冊とも絵がとてもきれいな、ごちゃごちゃしていない絵なんですけれども、ちょっと、その分、逆に言えば 、 修整の甘さが目立つ かなと思いました。
2冊目は、特に学校教育現場ということもあるし、先生と生徒なのですかね、そういうのもあるので、2冊とも指定やむなしということでお願いいたします。

○ 副島委員 1誌目は修整がされていない状態で、2誌目は修整が非常に甘いということで、両誌とも全編にわたって、とても卑わい感があるということで、指定やむなしということでお願いいたします。

○ 西尾委員 2誌とも指定該当でお願いいたします。 性器部分の形状がわかり、 擬音や体液の描写も多いということで 、卑わい感が強いと思います。
以上です

○ A 委員 1誌目はほとんど修整されておらず、大変卑わい感があり、結合部分も非常にはっきり描かれており 指定該当だと思います。
2誌目は、1誌目を見てから見ると、消しているじゃないかと思えますけども、一般的に見ると、やっぱり消しが大変薄いということと、性的な器具が修整なく描かれておりますので、指定該当ということでよろしい と思います。

○ D 委員 2誌ともで答えさせてもらいます。
ストーリーとか修整とか専門的な意見もあるかと思い ますけども、この指定該当の箇所が全編の 大部分と 書いてあるとおり、全編性描写のコミックということで、指定該当でお願いしたいです。
以上です。

○ I 委員 まず1冊目のほうは、修整もほと んどされていないような状況だと思いますの で、指定該当ということでお願いします。
2冊目、確かに最初、読み始めのほうは 、 ストーリー性があるのかななんて思ったんですけど、後半に行くともう性描写しかなくなってしまうという状況もありますので、指定該当ということでよろしくお願いします。

○ G 委員 皆さんおっしゃっているように、 自主規制団体からの意見聴取でもこれだけの多数の人が2誌とも 区分陳列やむなしと 判断している理由は、もうご覧になったらわかりますけども、性器そのものが描かれている点と、シチュエーション でも教師と生徒とかですね、男同士の性行為というのが、やはり非常に生々しく描かれていることで す。
BL作品の読者のほとんどが 女性だと思うんですね 。 しかし どんどんエスカレート していっている部分があるんじゃな いかと思うのは間違いない んですけど も 、この分野がどこまで広がっていって、性的にどこまで エスカレートしていっているのかに関しては、 業界内で 検討に値するのではないかと思っております。
○会長 2誌とも同じ お考えで よろしいでしょうか 。
○ G 委員 区分陳列で お願いします 。
○会長 区分陳列で。 はい、わかりました。ありがとうございます。

○ 会長代理 2誌とも区分陳列やむなしと思います。
2誌目のほうは1誌目に比べると 、 少し 穏やかな ところも あ る かもしれませんが、やはり、子供に見せるべき本ではないと 思います。

○会長 ありがとうございました。
私も皆様のご意見とほとんど同じで、1誌目はもう全編が本当に修整なしのリアルな感じで、 もう 迷う余地もなく区分陳列というふうに思います。
そこを見てから2誌目を見ると、少し絵がきれいかなという印象は受けましたけれども、全編を通じてやはり性描写が非常に多くて、青少年が見ていい本では ない と思いますので、区分陳列にすべきだと思いました。

……ということで、全会一致で指定されました。
修正甘い、というかしてないレベルだったようで……
そして最近BLの指定が増えてきた件で、青少年課長から一言。

○青少年課長 それでは、 事務局からでございますが、 G 委員からもご指摘がありましたとおり、 昨今、 特にBL に着目している わけではないのですが、いつもどおり並んでいる ものから購入して 調べた結果、やはり、昨今の指定については、結果として BLが 非常に 多くなっている ことは事実であります 。
ただ、その背景事情として、一体何でこういう もの が 増えて いるのかであるとか、こうした描写のエスカ レーションが なぜ 起きているかというところにつきましては、我々でも実態はよくわかっていない ところも多々ございますので、自主規制団体でありますとか、それ以外にも、まさにこの指定を受けた事業者などからも話を丁寧に聞き取りまして、今現状がどうなのかというところについては、しっかり見ていきたいと考えているところでございます。

普通に選んでたらBLばっかりになってしまった、ということだそうで……

都民からの通報申出

都民の申出の 12 月の処理分についてでござ いますけれども、メールによるものが 16 件ございました。このうちの1 件につきましては、コンビニでサイコパスに関する不健全図書が置かれているというものでございました。
メールの文面からでは、販売されているコンビニ及び図書名は特定できませんでしたが、事務局におきまして、本申出のものと思われる図書を一応確認しましたところ、サイコパスについて、一応、詳しく解説しているものが見つかったところではございます。
ただ、中身を確認しましたところ、 残虐性を助長する、また は、 犯罪を誘発するものとは言えず、条例施行規則第 15 条で定める不健全図書類の基準には該当しないと判断したところでございます

1件はマトモ(?)なのが来てたのね。

残りの 15 件に関しましては、 全件8月以降ご紹介させていただきました同じ図書類に関するものでございます。匿名で の申出ではございますが、内容等から考えますと、同一の方からの申出と推測されるものでございます。
本件についても前回同様、条例施行規則第 15 条で定める不健全図書類の基準には該当しないと判断しております。

残りはやっぱりそれか……


電子書籍、漫画、コミックのダウンロードショップ - Comic

注目の投稿

第708回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ この資料で出てくる「意見」というのは 審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているもの です。 これらは審議会の開催前に前もって開かれる 自主規制団体からの意見聴取 によって出席者から出され...

人気の投稿