2017年5月2日までのデータは3rdSeason、2013年11月までのデータは2ndSeasonに置いてあります。

2018年2月21日水曜日

第692回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者については、「「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/692/692shiryou7.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/692/692shiryou8.pdf

図書審査

ムーグコミックス ピーチシリーズ 屈辱服従学園

発行元:有限会社トライアングル・フォース
Amazon:
61F39kRdAbL._SX349_BO1,204,203,200_
  • 性的行為を露骨に描写し、又は表現し卑わいな感じを与え、また人格を否定す る性的行為を容易に連想させる。指定該当
  • 王様ゲームを取り入れたストーリーでゲームとはいえ人格否定描写が多い。修 整はしっかりされているが性描写シーンが多い。指定該当
  • 局部や結合部分については一定の修整が施されているが、擬音、体液描写が目 立つ印象を受ける。ストーリー性や設定を鑑みると指定やむなし。
  • 全体が未成年の性交シーン。絵は上手でもなく修整には気配りをされているが 強姦的な人格否定の部分もあり、指定やむなし。
  • 性器、結合部分は白く抜かれているものの学園を舞台にして全編人格否定の セックスシーンであり、成年向けにすべき。指定該当
  • 性器の修整はかなり大きめに施されている。非現実的なストーリーとはいえ、 終始人格を否定するような暴力的な性交が描かれている。指定該当
  • 性器部分は修整されていて、体液、擬音もさほど多くない。しかし、青少年で ある高校生が女子生徒を凌辱するという設定が人格否定的といえる。コミカルな 作品といえなくもないが、女子生徒を取引の道具に使うなど女性蔑視的な表現も あり問題。指定該当
  • 性器も修整されていて特に過激ではない。局部は修整されているが、集団で無 理やり性交することなど設定が悪く、指定やむなし。
  • タイトルや内容から高校生であることが想定される。修整等はされているが、 設定として問題。区分して販売すべき。指定該当
  • 擬音や体液の描写はあるが、性器の修整が適切にされてはいる。しかし、タイ トルに服従とあるように集団で犯すシーンがある。全体的にコミカルに描かれて いるが、人格を否定する表現がある。指定該当
  • 高校生がモデルであり、現実離れのストーリーではある。集団での強制的な性 的行為もあり人格否定もあり、青少年には不向きである。指定該当
  • コミカルなコミックとはいえ、暴力的でセリフも非人格的でえげつなく馬鹿ら しい内容。指定該当
  • 性器は白抜きされているが、性交場面が多く卑わい。人格否定につながるいじ め的な要素も多い。指定該当
  • 修整はされているものの性描写もあり、指定やむなし。
  • 性器等は消えているが、全編レイプに近い内容。指定やむなし。
  • 全体的にはコミカルな要素も多く感じ卑わい感は抑えられている。修整も大き くされ、体液表現などなく一定の配慮がされていると感じる。指定非該当

赤-指定やむなし:15  緑-保留:0  青-指定非該当:1
■■■■■■■■■■■■■■■

一冊目は男性向け。高校生という設定や、人格否定と言えるレイプシーンが挙げられて、一人除いて全員赤判定という結果に。

パブリック・セックス

発行元:株式会社Jパブリッシング
Amazon:
resize_image.php
  • 性的行為のシーンのいくつかにおいて、性器の修整が甘く、卑わいな感じを与 えかねない。指定該当
  • ストーリー性は高いものの、修整がされていないといってよい程度であり、擬 音や体液描写も多く卑わい感を与えている。指定該当
  • 修整が甘く性器や局部描写もリアルで卑わい感が強い。擬音や体液描写も多い ため、露骨でハードな印象を持たざるを得ない。青少年には刺激が強いと判断。 指定該当
  • ストーリー性はあるものの、性交シーンや性器描写、体液・擬音描写が目立 つ。この作品を未成年者が購入するかは疑問が残るが、修整の甘さが目立つため 指定やむなし。
  • 局部の修整が甘く、ほとんど修整されていないように感じる。成年向けとして 販売されるべき。指定該当
  • 一冊を通じてストーリー性があり、物語を構成する材料として性交シーンは必 要なものだといえるが、性器や肛門の修整が不十分。結合部分のアップなど、構 図的にも卑わいな感じを与えている。擬音や体液描写も多い。指定該当
  • 擬音や体液描写は気になるほどではなく、性描写ばかりの作品でもないが、性 器の描写が露骨すぎる。性器を描いて2~3本の線をのせるという修整の仕方で、 消しているとはいえない。指定該当
  • ストーリーや内容的には特に問題ないと思われ、また描写も過激という程では ないものの、修整の仕方が性器を消していない様に見える。指定該当
  • 性器描写があまりにも不適切で、十分に修整されているとはいい難い。指定該 当
  • 擬音や体液描写が多く、性器の修整がほぼなされていない。ストーリー性はあ るものの全編にわたって性行為が多く、卑わい感を感じる。指定該当
  • ストーリー性があり登場人物の内面を描いている部分も見受けられるが、結果 として性行為で終わってしまう内容。また、性器の描写もリアルで息遣いや擬音 描写も激しく、青少年には不向きである。指定該当
  • 性器の修整がされておらず露骨に描かれている。体液や擬音描写の激しい部分 もあり、指定該当
  • ストーリー性はあるが性器の描写がリアルで卑わい。性交場面もリアルで擬音 や体液描写も多く、卑わい感が強い。指定該当
  • 修整が甘く、性描写も多い。指定やむなし。
  • 性器がほとんど修整されていない。指定該当
  • 男性器の修整が甘く、リアルな描き方が卑わいな感じを与えている。もう少し 修整の配慮が必要かとは思うが、ボーイズラブという商品特性を考えると指定該 当には当たらない。指定非該当

赤-指定やむなし:15  緑-保留:0  青-指定非該当:1
■■■■■■■■■■■■■■■

2冊目はBL
基本的に性器の描写修整の甘さや体液・擬音の露骨さが指摘されている感じ。
パーフェクト逃れの1票は前の人と同じなんだろうか……


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

第702回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ この資料で出てくる「意見」というのは 審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているもの です。 これらは審議会の開催前に前もって開かれる 自主規制団体からの意見聴取 によって出席者から出され...

人気の投稿