2017年5月2日までのデータは3rdSeason、2013年11月までのデータは2ndSeasonに置いてあります。

2018年8月15日水曜日

第698回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ
この資料で出てくる「意見」というのは審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているものです。
これらは審議会の開催前に前もって開かれる自主規制団体からの意見聴取によって出席者から出されます。
詳しい日時や参加者については、「「東京都青少年の健全な育成に関する条例」に係る事務施行経過」という資料の多くは一番下の日程で書かれています。

諮問図書類及び指定基準該当箇所
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/698/698shiryou7.pdf

諮問図書類:自主規制団体からの意見聴取結果
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/698/698shiryou8.pdf

図書審査

DAISY COMICS 調教覚醒BL

発行元:株式会社英和出版社
61axGYlbs2L._SX347_BO1,204,203,200_
  • 性器は白抜き修整がされているが、体液描写が多く、性的行為を露骨に描写してい る。人格否定の要素はないが、卑わいな感じを与える。指定該当
  • 調教BLの読み切り作品を集めたものであり、タイトル通り拘束や器具等の使用が 見られ、人格否定ととれる表現がある。修整はバラつきがあるものの、全般的に男性 器の形がわかる甘いものとなっている。全体的に露骨な性表現が多く、指定該当
  • 全編を通して性交シーンにおける擬音、体液描写が多く卑わい感を感じる。男性器 は白抜き加工されており一定の配慮が認められるものの、形状がリアルであり挿入 シーンも露骨。器具を使用した暴力的なプレイも目立つ。指定やむなし。
  • アンソロジーのため、内容でポイントを作ろうとしているのは理解できるが、その ポイントが器具を軸にしているのか、刺激が強すぎると思われる。性器に消しを入れ ているが、直接的過ぎるため青年コミックでは難しいかと思われる。指定該当
  • 男性器に白抜きの修整が施されているが、形状がはっきりわかる描写が多い。大人 のおもちゃ、拘束具、媚薬等の使用が描かれており、露骨で卑わい。擬音、体液の描 写も激しく、卑わいな感じを与える。相手が同意した上でのプレイという形になって いるのも多いとはいえ、調教シーンの絵柄は人格否定を連想させる。指定該当
  • 作品によって差があるが、全体的には性器の形がわかるものが多く、挿入シーンも リアル。体液描写に粘着感がある作品や擬音の多い作品もある。縛りや拘束具、器具 の使用、口や性器への無理やりな挿入シーンもあり、人格否定的といえる。短編集の ため、ストーリー性が感じられないものも多く、総合的に判断して指定やむなし。
  • 漫画の中で描かれている調教という行為がすぐさま人格を否定する性的行為に結び つくといえるかどうかは議論の分かれるところである。ただし性表現の露骨さという 点においては、9作品中5作品において、性器の描き方、擬音、体液の描写が指定に あたる内容となっており、卑わい感も強い。指定該当
  • 器具を使って自由を奪い、性的行為を行うことは人格否定と思われるが、相手が喜 んでいる場合に人格否定となるかは疑問。他は特に問題と思えず、性器も白抜きで消 しており許容範囲内。ただしタイトルに調教とあり人格否定が前提とも考えられるた め指定該当
  • 男性器の形は白抜きにされているが、形状がリアルで陰毛も描かれている。ムチや 縄等の器具の使用もあり、人格否定も見られる。裸体での2人の体位描写が部分的では なく全身で描かれており、卑わい感を感じる。指定該当
  • 全編にわたり性行為の描写が多く卑わい感が強い。性器も白抜きになっているが、 リアル感があり、人格否定につながる器具の使用もあるため指定該当
  • 擬音や体液の描写もあり、性行為も露骨である。これがどう青少年に悪影響を与え るかは判断に迷うところではあるが、やはり描写に卑わい感が強く、印象に残るため 指定やむなし。
  • 修整が甘いところがあり、性描写も多く、指定やむなし
  • 性器の修整は白抜きになっており問題はないが、擬音、体液描写がリアルで多用さ れている。全般的に性交シーンが多く、ストーリー性は感じられない。器具を使用し ている箇所があるが、特に暴力性は感じられず、人格否定というほどではない。想定 される読者層を考えると、青少年に悪影響を与えるとまでは言い切れないため保留
  • アンソロジーのため性行為の描写が多い印象。局部への消しは一定の配慮がなされ ているが、一部卑わいの度合いが強く感じられる。BL作品なので青少年が著しく性 的感情を刺激するジャンルとは思えない。指定非該当
  • 性器も消してあり問題はないと思われる。人格否定の部分もあるが、ストーリー上 しかたない所もある。1冊1,000円という高価な本を青少年が買うとも思えな い。指定非該当

赤-指定やむなし:12  緑-保留:1  青-指定非該当:2
■■■■■■■■■■■■ ■■

今月はBLアンソロジーが一冊

「調教覚醒」の名の通り相応な描写がされている模様。
男性器の形状がリアルで陰毛が生えてるとダメとか、体液描写に粘着感があるとダメとかいろいろと勉強になりますw

非該当組の「BL作品は青少年を性的に刺激するジャンルではない」「1000円の本は高価で青少年が買うとは思えない」というのもなんだかなぁといったところ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

第702回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ この資料で出てくる「意見」というのは 審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているもの です。 これらは審議会の開催前に前もって開かれる 自主規制団体からの意見聴取 によって出席者から出され...

人気の投稿