2017年5月2日までのデータは3rdSeason、2013年11月までのデータは2ndSeasonに置いてあります。

2018年9月13日木曜日

第696回 東京都青少年健全育成審議会 議事録を読む

第696回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む
https://ccf-square4th.blogspot.com/2018/06/696.html

第696回東京都青少年健全育成審議会 議事録
http://www.seisyounen-chian.metro.tokyo.jp/seisyounen/pdf/pdf/09_singi/696/696gijiroku.pdf

図書審査

○ A 委員 まず、1誌目の方、修整は今までに比べるとされているかなとは思えるんですが、性描写が多く、指定やむなしかなと思っております。
2誌目に関しては、こちら逆ですね、性器の修整が あま りにもちょっと甘くて、これは指定該当でお願いしたいです。
以上です。

○ C 委員 私も両方とも指定やむなし だと思います。2誌とも修整はまあまあされていて 、性器がそのまま写るような 部分は ないんですけども、 卑わい感が強く表現の自由というのを考えて難しい部分もあると思いますけども、青少年が容易に見られる場所に置かれるというのは、やはりこれは難しい部分があるかなと思いました。

○古郷委員 2誌とも指定で お願いしたと思います。1誌目は、性器を修整さ れている。2誌目は甘くて、両方 とも 違いはあれど、やはり体液だとか 性的描写が大変多うこら2誌とも指定をして区分陳列お願いた思ます。

○ 鈴木委員 2 誌 とも擬音、 体液描写また性交シーンが多くいわゆる卑わい感が強いので2誌とも指定が適当だというふうに考えます。
以上です。

○ D 委員 1誌目は 、皆さんもおっしゃるように擬音と体液の描写が非常に多くて 、 卑わい感 があると いうことと、 多人数での性交シーン が ございますので指定ということでよろしいと思います。
また、2 誌 目は、大変修 整 が薄い ので 、指定該当でいいと思います。

○ I 委 員 両 方 と も 指 定 該 当 で お 願 い し ま す 。 1 誌 目 は 、 性 行 為 の 分 量 が 多 い で す し 、 露 骨 な構 図 に よ っ て 卑 わ い な 感 じ を 与 え る し 、 擬 音 、 体 液 の 描 写 も 多 く 、 こ れ に 尽 き る と 思 い ま す 。
2 誌 目 の ほ う は 、 や は り 体 液 描 写 と か 性 交 シ ー ン が 多 い の で 露 骨 さ を 感 じ ま す 。 意 見 聴 取の 下 の ほ う に 書 いてあるんですけども 、 BL の 読者はほとん ど女性であ ると書いて ありま して 、 女 性 た ち が こ の 本 を 読 ん だ こ と で 成 長 を 阻 害 さ れ る と は 思 え な い と い う ふ う に 書 い て ある ん で す け ど も 、 や は り 青 少 年 も 見 る と 思 い ま す の で 、 性 へ の 影 響 と い う の は す ご く あ る と思 い ま す 。 そ れ で 、 指 定 で お 願 い し た い と 思 い ま す

青少年がBL読むかなぁ。まぁ可能性で言うならなんとでも言えるけど。

○ H 委員 大変悩んでおりますが、1誌目は指定非該当じゃないか な と思ってます。これを見たから著しくというふうには私は受け取らなかったです。もちろんこれを読んだ から健全という 問題ではな いですけど。
2誌目は、該当ということで、 やっぱり ちょっと表現が露骨過ぎるということで該当というふうな形でよろしくお願いします。
○会長 1誌目は、やはり修整がしっかりなされているからということでございますか。
○ H 委員 そうですね、はい。

お、珍しく指定非該当に1票。

○ J 委員 私は、2誌とも指定該当でいいと思います。自主規制団体の方は、 1冊目は非該当が9人ということで、指定該当よりも多い方が非該当にされて ますが 、私は、中身的には 教師と教え子の性交とか器具を使う描写などが 、ちょっと気に なり 指定該当にさせていただきました。
2誌目 も非該当 の方 がい つ もと比べ て結構多 いですよね 。 5 人 と保留 が 1 人と い う ことで。でも、やっぱり擬音、体液描写、卑わい感というのが拭えないので指定ということでお願いします。

○ 森山委員 2誌とも指定していただいて 区分陳列すべきものと思っています。1誌目は、やっぱり性交シーンが多くて、ちょっと卑わい感が強いんではないかなというふうに思います。
2誌目のほうは、やっぱり修整が甘いというふうに思います。
以上です。

○ E 委員 私も2誌とも指定該当でお願いします。今、 J 委員がおっしゃったよ うに、今までと同じ くらいに 表現が露骨だなと思うのに、何でこんなに 自主規制団体の皆様の 指定該当が少ないんだろうというのが今回ちょっと私も不思議だなと思いました。
2誌目も聴き取り結果には 「性的なシーンの 分量は 多いが、ばかばかしく見え、性の生活がそれほど いや らしい感じがしない 」 と書いてありますが、やはり男性器や挿入描写がリアルであるということで指定該当でお願いします。

○ G 委員 私も2誌とも 該当でいいと思うんですけれども、私が悩んだのは2 誌目のほうでして、修整がもう少ししっかりされていれば、こちらのほうは非該当だったんじゃないかなというふうに個人的には思ったところがありました。
以上です。

○副島委員 私も2誌とも区分陳列でと考えて い ました。1誌目のほうは、性交シーンの分量が非常に多いし、先生と生徒の話ということもあります。また、非常に露骨なシーンが多いので該当だ と思います。
2誌目のほうは 、 形状が はっきり わかるというシーンが 多く、 そういうこともありますので、指定で お願いいたします。
以上です

○ K 委員 1誌目の 『淑女たちの都市伝説』 は 「打合せ会」では 非該当というのが該当よりも多いんですね。そ の 理由というの は 、性器や性交渉の場面を大胆に修整していて 、できればわからないようにしようとする 作者、 編集の 意図があるというのは、これは間違いないと思うんですね。 しかし、 こ の作品を青少年が見ることによって不健全で有害なと いいますか、そういうふうな性的な気持ち を 醸成されるのか と なりますと、1作目の教師と生徒の 話とか性具がでてくるところが 引っかかります 。 性具に関しては この後半お読みになって 分かると思いますが 、これは趣味の問題で別に人格否定されている わけじゃないんです。 しかし 、やっぱり教師と生徒とか、性具を使うというところがどうしても 問題があるんじゃないかということで、私もこれは該当、区分陳列でお願いしたいと思います。
次に 2作目は、ご覧になったらわかります けど 、今までの BL ものとちょっと違うなという感じ は されているん じゃないかなと思うんですね。この 作品の中で は 、 暴力を使って強引に相手を犯すようなシーンというの はほとんどないんです 。 人格否定の部分は 、ほとんどなくて、どちらかというとソフトで、ストーリーも何かやわらかくて、あんまり抵抗感なく読めるんです 。 ただ、男性器の修整の部分が、 体毛がちょっと出たり していて 、性器も修整はされているんですけど 、 そのかたち がわかるんですね。ですから、こういうところの修整とか、擬音の部分とかというのが、やっぱり目に つき ます 。 私も迷うんですけども、これもやはり区分陳列の対象なのかと言われたら、やっぱり区分陳列 と 考えます。ですから、編集者も 作家も努力していると 思うんですけども、 2誌と も 、区分陳列でお願いしたいと思います。
以上です。

○会長代理 2冊とも性的行為の 描写が露骨と思いますので、成人向けとして売っていただきたいと思います。

○会長 ありがとうございました。
私も2誌とも区分陳列でお願いしたいと思います。1誌目は、自主規制団体の聞き取り結果で指定非該当の 方のほうが多い のですが、 これは K 委員からご説明があったように、 性器や 性交シーン がわからないように 大胆に 修整をされ ていることによると思います。しかし 、指定す べきという自主規制団体の方の中のご意見にもあるように、修整はされている ものの、体液や擬音や性交描写のシーンが多く、表現が露骨で、 扇情的で卑わい感が強いものだと私は思いました。
それから、 2誌目 につきま しては 、確か に G 委員 もおっ しゃ い ました ように 、人格否定的な要素が少ない作品ではありましたが、今度は逆に性器の形状がわかったり擬音、体 液描写が多く卑わい感が強いということで指定すべきと思うところでございます 。

(○ 会長 )では、まとめさせていただいます。
1誌目につきましては、1名、非該当という委員がおられました が、 残りの方々は皆様、指定該当というご意見でございました ので 、 指定すべきということで答申をさせていただき
ます。よろしゅうございますでしょうか。
(「はい」の声あり )
○ 会長 2誌目につきましては、委員の方皆様全員一致で区分陳列をすべき図書ということでございました。そのように答申をさせていただきたいと思います。よろしゅうございますでしょうか。
(「はい」の声あり )

非該当に1票入ったものの、審議会は過半数で決まるので2冊とも指定で終了です……


0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

第700回東京都青少年健全育成審議会 会議資料を読む

「資料を読む」ラベル記事を初めて読む方へ この資料で出てくる「意見」というのは 審議会の委員の意見ではなく審議会の会議資料として渡されている「会議資料」にすでに書かれているもの です。 これらは審議会の開催前に前もって開かれる 自主規制団体からの意見聴取 によって出席者から出され...

人気の投稿